ホームSHOP BLOG
SHOP BLOG
SHOP BLOG:9
2013年11月15日

数年前から、深刻な問題となっている地球温暖化。最近テレビで特集が組まれていたのを観て、つくづく危うい状態になっているなぁと痛感しました。

温暖化により、北極・南極などの氷が溶けると、海面が数mも上昇するのです。そうすると国土の大半が水没することも警告されています。
日本でも海面がおよそ1メートル上昇するだけでも、水没域の東京、大阪など都市部を中心に90兆円以上の資産が失われるなど、大きな被害を受けることが予測されているのです。

という内容でした…。国土の大半が水没、日本では都市を中心に90兆円の損害、そんなことが現実に起こったら本当に恐ろしいことですよね。でも、このまま私達が気にせず、このままの生活を続ければ、数十年後には、それが現実に起こってしまうのです。

丁度、PLUNGEで新商品の制作で試行錯誤しているときに、この番組を観て地球温暖化問題に触発して「Think ℃」シリーズを制作する運びとなりました。
一見可愛らしいバッジに見えますが、シロクマのイラストと温度を表す℃をシンプルにレイアウトすることで象徴的なメッセージが込められています。この缶バッジやキーホルダーを見たときに、地球温暖化防止のため、節電などをいつも心掛けていただければ…と願っています。
2013年11月01日

今回は、PLUNGEで約1年半ぶりとなる新商品シリーズの中のヌメロロジーポストカードを御紹介致します。

今回新商品に向けて動物の写真が必要となりました。色々な場所に足を運び、写真を撮影したのですが、写真を撮るのも凄く好きなのだなぁと新しい自分を発見した機会でもありました。
自分の想いや動物からインスピレーションを感じてシャッターを押した瞬間に出来た写真ばかりです。この先、ずっと色褪せないアートとしてヴィジュアル化出来たら良いなと考え、ヌメロロジーポストカードは生まれました。

私自身、基本モダンなものが好きなのですが、時代や流行に捕われないアンティークな雰囲気も、ここ数年、色々な作家さま達と交流させていただいて、商品や作品にも、そのテイストが反映されるようになりました。かすれたテクスチャー錆びたヴィンテージ素材、時を経て味わいが出ている紙など…。
ただのポストカードではつまらない!購入していただいたお客様に大切にしていただけるような、そんなアイディアでコラージュしてデザインしてみました。それぞれのポストカードは、お客様にとってお守りになるような、そんなメッセージが込められています。

ご自身または御友達のラッキーナンバーで選んでいただくことは勿論、動物からインスピレーションを感じて選んでいただくことも出来る、通常のポストカードとは一味違った仕上がりになっています。
2012年07月04日

白い森の動物達…。アンティークジュエリー作家LUNAさんが手掛けるこの作品を初めて目にしたとき、是非PLUNGEでもこの作品を置いてみたい!!という強い気持ちから、今回ショップを立ち上げる際にご協力をいただきました。

ほぼ全てが白とクリアなモチーフに囲まれた洗練された動物チャームとオブジェは、まるで本当に白い森から抜け出てきたかのようなストーリー性を感じさせてくれる素敵なアクセサリーです。またLUNAさん自身の優しい人柄で動物がお好きということが作品を通しても分かると思います。
チャームやオブジェの制作過程の報告も、とても丁寧で親切にしていただき、次第に白い森の動物達に生命が吹き込まれていく様は本当に見ていて楽しくてなりませんでした。
1点1点心を込めて作られた白く美しい動物達は、見る人を幸せな気分にしてくれることかと思います。
2012年06月04日

PLUNGEでは野生動物達だけでなく、人間の生命の源となる「水」をテーマにしたSANCTUARYシリーズも展開しています。このシリーズでは、地球上の水がいつまでも清く美しいものであるようにと願いが込められた商品を展開して紹介していきます。

伝説ではユニコーンの角には水を浄化し毒を中和する力、そして病を治す力があると言われていることから、テーマの「水」の世界にユニコーンが登場します。
イメージビジュアルは、ユニコーンの角先が水面を触ったあとに、水の世界が美しく浄化されていく情景を表現しています。

第一弾ではストラップを紹介致します。勇ましくも、そしてかわいいユニコーンのチャームとブルーレースアゲートの天然石が一緒になっています。この天然石の持つ力は、平和と穏やかなコミュニケーション、安心感をもたらすと言われています。ブルーレースアゲートはフックが付いていますので取り外してペンダントヘッドに使うことも出来ます。
ストラップの台紙にも、透明感のある水の世界にユニコーンが描かれているのでプレゼントなどにも最適です。
2012年06月03日

monotone animal KIRIEは、作品を見た友人がとても気に入ってくれてプレゼント用に購入してくれたのがきっかけで商品化されました。以前からネットショップを開いた際に少しユニークなアート色の強い商品も置いてみたいとも考えていましたので、今回PLUNGEで販売する運びとなりました。
作成する際に、紙は薄過ぎても張りがなくヘナッとしてしまい、厚過ぎると紙を切りにくかったりと中々大変で、しかも何枚かのレイヤーで構成されているため顔や動物の模様の何処の部分を切ったら美しく見えるのかなど、見た目は一見シンプルながらも作るのは中々大変で時間のかかるものでした。当初はこの作品もカラーで作成していたのですが、少し落ち着いた雰囲気を出すためにモノトーンで作成することとなりました。モノトーンだとモダンで雰囲気が醸し出されるのですが、少し無機質な印象を受けるので、紙の素材にこだわり、温かみがあって手触り感のある紙を選びました。
他にも動物の身体を全身入れた作品も作っていたのですが、このホワイトフレームの窓からヒョコっと顔を覗かせているほうがインパクトもありつつユニークなので顔バージョンのみを今回紹介させていただきました。シックな落ち着いたお部屋にはもちろん、カラフルなお部屋にも違和感なくマッチします。

只今、手作り一点物を扱うソーシャルセレクトマーケットDAN-TE(http://dan-te.jp)にても紹介させていただいています。御希望の動物・海洋生物などありましたら注文も受け付けていますので、お気軽にメールにてお問い合わせください。

←画像は以前に作った作品、ホワイトタイガーとシャチになります。
2012年05月18日

動物が好き、物作りも好きで、何かそれらを結びつけて仕事をしたい!という気持ちから、念願のネットショップ「PLUNGE」をオープン致しました。

20代前半の頃は、美術系の学校に通ってはいたものの、動物好きなのが諦めきれずに動物関連のアルバイトをしてみたり、デザインと動物関連のどちらの仕事に就くのかとても迷っていました。最終的には長年、勉強してきたグラフィックデザインの仕事を選んだものの、動物が好きなのは相変わらずで、以前の勤務先のデザイン会社のデスク上は、動物をモチーフとしたデザイングッズでいっぱいでした、笑。
そんな中、自分でも動物をモチーフとした雑貨をデザインしてみたい、そして大好きな動物達のために何か貢献したい!(本当に微力ではありますが)ということで念願のショップを開きました。

皆様、これからどうぞよろしくお願い致します。
2012年05月07日
実はネットショップを開店させていただく前は、どんな商品を置こうか、どんなものを作ったらお客様に気に入っていただけるのかと不安や疑問だらけでした。
Tシャツのデザインに関してはかっこよくクールな印象のもの、かわいく親しみのあるもの、奇抜なデザインで一目を引くものなど50〜60案近く作成しました。それを家族や友人に見てもらいアンケートをとり、最終的にシンプルな「PLUNGE オリジナルTシャツ〜動物達の楽園より〜」に決定しました。
このデザインを選んだ理由として、シンプルで落ち着いた雰囲気、動物達の命の尊さやTシャツのデザインにストーリー性を感じさせるもの。そして第1弾目のTシャツなので出来るだけ沢山の動物が登場していて、シンプルながらも楽しさを感じさせるものが良い!と思い制作しました。
背中部分の動物達のシルエットも一体感がでるよう円の中に収まるようにしたため、シンプルな見た目以上に(笑)かなり苦労してしまいました。動物園に行って写真を撮影したり、動物番組を観て動物の動きを観察したりと、デザインが決まってから細かい部分を詰めるのにかなり時間を費やしてしまいました。

Tシャツの素材も毛羽立ちが起こりにくい高級コーマ糸を使用してあるので、型崩れしにくくなっています。形状もユニセックスとガールズ(女性向けにボディラインにフィットするシルエットになっています)をご用意しています!
皆様に気に入っていただけましたら本当に嬉しいです。
2012年05月04日

ノートの用途は、通常メモ書きやラフスケッチを描いたり、仕事のミーティングなどで使う方が多いと思います。市販されているものはオフィス用だとシンプルで真面目なデザイン、落書きをするためのものならPOPで楽しいデザインなどをよく見かけます。ん〜、でもその中間のデザインのノートって中々見かけないんですよね〜、これが…。そして私自身、ノートを使うなら必ずリングノート!を選んでいます。その理由としてなんですがノートが開きやすい、必要なページを切って使えると言うことなどからです。
そこでどちらのシーンでも使えそうなデザインがあったら…ということで生まれたのが「ジャングルノートブック」です。このリングノートは、カバーに登場する動物の柄を意識して作っています。例えばシマウマ(シマウマの身体の模様が線に見えることから)が表紙なら、本文は罫線になっているなど…笑。少し落ち着いた雰囲気を漂わせながらも、動物が表紙にレイアウトされているので親しみ易さを感じると思います。
ノートは使用後、お好みで表紙を切り抜けばポストカードにもなるというエコなリングノートになっています。しかもカバーの裏側の左端には定規もプリントされています。
2012年05月02日

クリエイターズ アニマル KANバッジは、当初カラーでデザインされていて、雰囲気もPOPな雰囲気を感じさせる缶バッジでした。広がる青空に非現実的なピンク色のキリン、ペパーミントカラーのゾウのシルエットなどがレイアウトされていました。明るいカラーで人目は引いて夢は感じさせるもの、何か自分にとっては物足りなさを感じていたアイテムでした。デザイナーとして会社に籍を置いていた頃、見て明るさを感じ、そしてお客様に楽しんで頂くデザインを作っていたせいか、その癖が抜けきれていないなぁ〜と、その缶バッジを見る度に思っていました。
そこでコンセプトの軸を動物と地球の環境問題に定めて、もっと深いメッセージ性を伝えられたら…と思いました。シリアスなテーマを強調するようにカラーからモノトーンへ変更、ほぼコンセプト・ビジュアル全てにおいて180°転換させてデザインしていきました。しかし、コンセプトを決めたは良いものの、それをヴィジュアル化するのには大分頭を悩ませました…。

コンセプトは、それぞれのKANバッジのメイン画像の隣に記載してありますので、クリックすると大きく表示されます。地球の環境問題や自然に生きる野生動物達の声を皆様に感じとっていただけら幸いでございます。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス